スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・ゴジラ感想①

2016.08.12 00:51|感想
※ネタバレ注意報!
この先シン・ゴジラの感想書いてます。
ネタバレ上等!という方や視聴済みの方推奨です。
まぁ感情の赴くままに書き散らしているのでこれ読んだからといって全容が分かるわけではないですが。
ただ、未視聴の方は前情報なしのほうが楽しめる映画だと思いますので、できれば映画館へGo!していただけるとよいかと。

長々と予防線はりましたが、それでもよろしければ続きからどうぞ―


とりあえず初回時の感想。
こんなに終盤そわそわした映画は久しぶりだったなーと。没入度半端ない。
なんでかというと、「まだゴジラ倒せんの!?」と
情報量も半端なくて一時停止して休憩はさみながらみたいと初めて思いました。
一般人よりは知識はあるけどオタの皆さんと張りえあるほどではない中途半端な感じなので感想も宙ぶらりんですがご容赦ください。

以下初めて見たときの感想を思い出しつつ
・序盤の閣僚会議は実際大きな事故が起こった時はこんななのかと感じつつ、ゴジラが出現したことのない世界なので、対応が後手後手になりそうな予感がしてハラハラ。スーパーXシリーズもないメカゴジラも機龍もない世界じゃそれは致命的じゃなかろうかとメタ的な視点で。
あと、防衛大臣は某新都知事っぽいなーと思っていたら割と多数派な感想だった模様。

・フラグ回収の速さが尋常でない。次カットで回収
「巨大不明生物なんているわけないだろう」→いました
「上陸はありません」→上陸しました
「やったか!」→やってない
特に「やったか!」は劇中何度も言うのでその分だけ「あっ」と目を覆う展開に。笑いどころでもあるんだけど、事態が深刻で半笑いになる感じ。

・ゴジラ第二形態と第三形態キモ怖すぎワロえない。
最初川を遡上してきたときに背びれしか見えなかったけど「あれ? 色も違うし小さくね?」とか思っていたらまさかの登場。
「なんっじゃこりゃああああ‼ キモッ」
しかも奥から手前に迫ってくる構図ときていやらしさup。不安をあおるBGMも相まってもぅマジ無理。
動作も気持ち悪いんだけど、あの半端に開いたと口と何も考えてなさそうな死んだ魚の目が無理。
実際に見ないとどう気持ち悪いか伝わらないもどかしさよ。ゴジラ以外の敵怪獣は出ないという話だったので、これ進化する奴だ、はよ進化しろとニュルニュル動く姿に戦慄。
また、明確な死亡描写も挟まったりして辛かった。割とソフトだとは思うけど。平成ガメラ3に比べれば。

・自衛隊出動に関する総理。
逃げ遅れた住民を見て「自衛隊の弾を国民に向けるわけにはいかない」と攻撃中止を命じるとこもよかった。それまでは割と戸惑う描写が多かったのに、中止は早かった。
最初からの描写で「こいつ無能じゃね? 判断が遅れて被害拡大するタイプじゃね?」感を漂わせてましたが、だんだん覚悟を決めていく姿は素直にかっこいいと思いました。第三形態なら倒せたかという議論がありますが、多分倒し切るのは無理だったんじゃないかいうのが私見。

・ゴジラが一時撤退からの巨災対登場
再登場後の悲劇を考えると一般市民の日常戻り具合が鬱い。絶対気が緩んだところにやってくるぜという確信。とりあえず人類側の準備ができるまで大人しくしててほしい。
政府の立ちあげた対策本部のメンツが濃ゆい。専門用語をめっちゃ早口で、なので漢字の脳内変換が追い付かない。おおまかにこういうことかな? と補完するので精いっぱいだった。でもさすが優秀な人材が多くて少しづつゴジラ(まだ作中じゃ名前付いてないけど)のことが分かっていくのにほっとする。途中から米国特使のもたらした情報も加わって有効そうな作戦もできるし。
ここらへんというか終始人類側に感情移入してたのでめっちゃ応援してた。

とりあえず今日はここまで。思い出しながら書くには意外と疲れるの忘れてた。
これくらいで一時間たつか経たないかくらいかな? 適当だけど。
ほんとは1シーン1シーンなめるように書きたいけど、記憶も曖昧なうえにまとめらる自信がない。まったく見どころ多すぎて混乱するわい。

順調に興業収入増えてて喜ばしい限り。
パンフの捌け具合を見るに最速上映じゃないけど初日に買えてよかったなとしみじみ。

それでは後編続くと言いたいところだけど、力尽きてあと一回で収まらない可能性があるので①と銘打って逃げておくことにしよう。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。